DSC_0180 (1)
画像をクリックすると、Paul Celan  "PSALM" 




人は どうやって存在するようになったか。
聖書では、神が人に似せてつくられたことになっている。
アダムのあばら骨から イブができて、人間は 子孫を残すことができるようになった。わたしは クリスチャンの文化の中で育っていないので「へ?意味不明なんですけど?」と、私なんかは 思うことしかできない。

ただ、常識的に考えて、欧米文化と密接な関係をもちながら「へ?」ではなく 考えてみる。

そうね。DNAという科学的概念でいうと、人類は もしかしたら
ほんとうに たったひとりの人から派生したかもしれない。そういう説が現在では有力だし。
聖書も、あらゆる人種は もともとはひとつであったというくだりなどの話は、 もうすこし真剣に話をきいてみる価値がありそう。

この詩も聖書を鵜呑みになんてできないという意味で 書かれてはいると思う。けれど、
土から捏ね上げた。という点については、この詩は聖書に賛成している。人を、人から捏ね上げる。それは、
どういう感覚なんですか?と わたしは躓いた。

わたしの無い知恵で、人間は土から出来たということをまず、肯定してみよう。 

そういえば、宇宙にある 多くの天体の中で、大地と海がある地球という天体にしか
粘土(有機物を含んだ土)なんてない。だから、大地と海ができたことで、ゆくゆくは人間も 存在するようになったという観方をしてみる。すると、だいぶ 生物の歴史の話を はしおったことにはなるけれど、わたしたちは 土と粘土から出てきた。と、いうことで 私は自身は異論は無くなった。それで、良いこととしよう。


旧約聖書では 人が人となる以前の状態のことを【ゴーレム(胎児)】と、言うらしい。詩の御勉強会で 金河南さんがQ、簡潔にまとめて紹介してくださっていた。


【ゴーレムの造り方】
ラビ(律法学者)が断食や祈祷などの神聖な儀式を行った後、
土をこねて人形を作る。呪文を唱え、「אמת」(emeth、真理)という文字を書いた羊皮紙を人形の額に貼り付けることで完成。
【ゴーレムの壊し方】
ゴーレムを壊す時には、「אמת」(emeth)の「א」( e )の一文字を消し、「מת」(meth、死んだ)にすれば良いとされる。

たった一字をけすだけで 死という語になる。この語彙としての 激しく早い死へのアプローチの語感が また すごいなと 想う。

つまり、。生命起動スイッチのon offは、言葉と いっているようなものじゃあないのか?


切なくてやりきれないので、次回は 平凡な日本の現代人である私が 考えている胎児とはなにか みたいなこと。人間とは なにだろう。異論をまとめてたい。わたしの思う 胎児とはなにかという話も 次回は まとめてようと思う。

言葉は スイッチ